同友会会員ページ
  • 会員訪問記
  • 専門委員会・プロジェクト
  • 中小企業憲章
  • 激動の時代の羅針盤 経営指針
  • 行事案内
  • 私の逸品スペシャル
  • 静岡県中小企業同友会2020年ビジョン
  • 静岡県中小企業家同友会 入会案内
  • 30周年記念ムービー
  •  
関連リンク
  • 同友会活動支援システム
  • 中小企業家同友会全国協議会
  • 中小企業家同友会 共同求人サイト
  • 全国の会員企業がわかる 同友会会員検索

同友会のご案内

静岡県中小企業家同友会 概要

静岡県中小企業家同友会
〒420-0857
静岡市葵区御幸町8
静岡三菱ビル6F
TEL / 054-253-6130
FAX / 054-255-7620

静岡中小企業家同友会バナー

リンクバナーです。
自由にご利用下さい。

過去記事をご覧いただけます。

各支部のご案内

御殿場支部

 2016年は年初から、世界の金融資本市場が大波乱に見舞われました。昨年末のアメリカの利上げ、そして中国経済の減速と原油安が原因とされるものですが、日本国内においても株価は大幅に下落し、為替は急激な円高へと移行しました。

 昨年までの日本経済と地域経済では、アベノミクスの実施により、輸出型大企業を中心に企業業績や株価が上昇している一方、中小企業の景況感は連続してマイナスを示すなど、景気が二極化しています。また2017年には、消費税率10パーセントへの引き上げも予定されています。この様に我々中小企業を取り巻く情勢は、決して楽観視できるものではありません。

 しかし私たち中小企業家は、自らの手で経営環境を変えていく強い意志を持って、会社経営に取り組まなければなりません。

 そのためには同友会が提唱する、「21世紀型企業」づくりの実践が求められます。会員一人 ひとりがチャレンジ精神を発揮し、経営指針を成文化する。また人間尊重の経営を実践し、社員の能力を引き出す全社一丸の経営、いわゆる人を生かす経営を目指さなければなりません。

 経営指針を社員と共有し、労働環境を整備する中で、社長も社員も共に育ちあう社風を作り、付加価値の高い仕事につなげましょう。

 また少子高齢化や産業の空洞化が進み、地域社会の土台が揺らいでいます。我々を取り巻く環境変化のスピードは、予想よりも早いものとなっています。中小企業にとっての事業基盤は地域です。地域の発展なくして我々中小企業の発展はありえません。同友会の学びから、時代の環境変化に対応できる企業を増やしていくことが、地域の未来を保証することになります。そして時代は、環境変化を自らの糧にして切り開いていく力を今、経営者に求めています。

 我々の基盤となる地域を考えると、中小企業振興基本条例の制定が求められます。地域の将来を見据える中小企業振興基本条例を制定する自治体は、年々増えています。条例の検討段階から同友会が関わる事例は増え、同友会の役割が高まっています。

条例運動を通じて地域との関わりを深め、地域になくてはならない同友会に、そして地域経済を担う同友会にしたいと思います。

 平成28年度御殿場支部は、会員数137名でスタートします。今年一年間の活動に、すべての会員の皆様のご協力とご参加を切にお願い申し上げるとともに、皆様の英知と情熱を結集して、実りのある同友会活動を展開していきたいと思います。

 平成28年度御殿場支部は、会員数137名でスタートします。今年一年間の活動に、すべての会員の皆様のご協力とご参加を切にお願い申し上げるとともに、皆様の英知と情熱を結集して、実りのある同友会活動を展開していきたいと思います。

 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

御殿場支部 平成28年度の活動方針は、次の5項目を重点課題とします。

  1. 21世紀型企業の実現
  2. 経営指針の成文化率を高め、社員の自主性が発揮できる風土を確立して、共に育ち合う豊かな人間集団の企業づくりを目指します。

     人を生かす経営・労働環境の改善に努め、会社を黒字化に導き健全経営を目指します。

  3. 学べる例会・部会活動と出席率向上の実現
  4. 経営を学び合う例会は、同友会の基本です。会員同士の企業づくりの実践の悩みや  課題・失敗談を本音で話すことができる環境をつくり、魅力ある同友会とし、出席率の向上につなげたいと思います。出席率50パーセントを目指します。

  5. 増える組織、減らない組織の実現
  6.  同友会理念に共鳴する仲間が増えることは、お互いの経営体験を交流する新しい仲間を迎えることになります。現在全国の会員数は45000名、静岡同友会も目標の1000名を達成しました。御殿場支部も絶えず新しい会員を入会させ、会内に新風を吹き込むと同時に、会の活性化につなげたいと思います。そのためにも、早期に会員数150名を復活させたいと思います。

  7. 中小企業振興基本条例の研究
  8.  地域課題や経営課題として、人口減少や若者の都市部への集中、少子高齢化、雇用難、人手不足の問題が深刻となっています。疲弊する地域を活性化するには、中小企業が自ら主体者となり、行政などと連携しながら中小企業振興基本条例の制定に向けて動き出さなければなりません。今年度から御殿場支部においても、中小企業振興基本条例の研究を開始します。

    そして会員間の交流と、学べる例会・部会活動の実現を融合し、例会・部会・委員会の出席率50パーセント以上を目指します。

  9. 中同協全国大会・県行事への積極的参加
  10.  より多くの学び、より多くの交流をするために県行事へ参加しましょう。またさらに大きな学びと素晴らしい出会いのある、中同協の全国大会へも参加しましょう。今より一歩踏み出す同友会活動は、必ず自社の発展に役立つはずです。

     会員の皆様が、県や全国の行事へ積極的に参加できるような環境を整え、後押し・補助をしたいと思います。

支部DATA

平成28年度 支部長 : 菅沼  良将
支部ホームページ : http://www.doyu-gotemba.jp/

2017-02-10
古き良き技術を通して満足のいく住み心地へ ㈲渋谷木工所  下田 啓澄氏(御殿場支部)
2016-12-13
【私の逸品】おもしろい酒がここにある!  ㈱しまだ 嶋田 康一氏(御殿場支部)
2016-05-10
感動的な「お茶のある時間」をめざして 斉藤園  齊藤 大介 氏(御殿場支部)
2016-02-10
【私の逸品】自社生産の食材で食育と職育を~食材は、僕らが育てた想いのカタチ~ (株)つぼぐちフードサービス 坪口 榮二氏 御殿場支部
2016-01-01
“木と人の架け橋”という理念を胸に… ㈱北田木材 北田 記章氏(御殿場支部)
2016-01-01
同友しずおか VOL.446(2016年1月号)
2015-09-10
同友しずおか VOL.442(2015年9月10日号)

Copyright (c) 2014 静岡県中小企業家同友会 All Rights Reserved.