同友会会員ページ
  • 会員訪問記
  • 専門委員会・プロジェクト
  • 中小企業憲章
  • 激動の時代の羅針盤 経営指針
  • 行事案内
  • 私の逸品スペシャル
  • 静岡県中小企業同友会2020年ビジョン
  • 静岡県中小企業家同友会 入会案内
  • 30周年記念ムービー
  •  
関連リンク
  • 同友会活動支援システム
  • 中小企業家同友会全国協議会
  • 中小企業家同友会 共同求人サイト
  • 全国の会員企業がわかる 同友会会員検索

同友会のご案内

静岡県中小企業家同友会 概要

静岡県中小企業家同友会
〒420-0857
静岡市葵区御幸町8
静岡三菱ビル6F
TEL / 054-253-6130
FAX / 054-255-7620

静岡中小企業家同友会バナー

リンクバナーです。
自由にご利用下さい。

過去記事をご覧いただけます。

同友会会員ページ

次郎長菩提寺と共に愛されるお茶屋さん ㈲小松園 牧田充哉氏 静岡支部

カテゴリー:私の逸品|最終更新:2014年05月12日

【表紙写真】㈲小松園 牧田充哉代表取締役

会員企業名 ㈲小松園 設立 1958年(昭和33年)
会員名 牧田 充哉 業種 茶の小売業(茶)
所属支部 静岡支部 社員数 社員 1名・パート 4名
会暦 2012年12月入会 事業内容 静岡茶の加工・小売

次郎長菩提寺と小松園

静岡市清水区梅田町にて茶の小売業を主に営む㈲小松園は、昭和33年に現社長牧田氏のお父様が開業されました。お店は清水の次郎長親分で有名な菩提寺(梅蔭禅寺)の正面にあります。地元の方々はもちろん、全国から観光バスでお客様が訪れ、多くの方がお土産として静岡茶を購入されています。

5月は新茶シーズンで、観光客はじめ、地方発送にも積極的に取り組んでいます。菩提寺の中にはお墓や展示館など見学路があります。その出入口には販売コーナーを出店、スタッフが常駐して観光客と交流を深め、次郎長やその歴史を語りあい、楽しい時間を過ごしています。

他業種連携と商品開発


試飲コーナーで語る牧田氏

お茶は親族が経営する小松園ファームのお茶を中心に販売しています。静岡茶の良さを理解してもらうため、来店したお客様に何種類も試飲していただき、気に入ったお茶を見つけていただく喜びを大切にしています。現社長の牧田氏は27歳の頃からお店を手伝い始めました。10年程お父様と話しあいながら営業して、15年ほど前の37歳で代替わりしました。

観光シーズンになると連日店頭はお客様で賑わい、牧田氏も接客を行っています。オフシーズンは地方の旅行業者等にも営業を行います。県中部地区の観光情報を発信している静岡県中部地区観光連絡協議会にも加盟し、宿泊施設や運輸業者と連携して観光客を増やす取組みにも注力しています。


次郎長の勝運茶とお蝶の清水紅茶

また、全国のクリエイターからの沢山の応募作品の中から「次郎長」と「お蝶」のキャラクターを作り、背景に富士山と三保の松原を配置したパッケージのお茶も販売しています。パッケージだけでなく、中身も地元の銘茶にこだわり、高級茶産地、両河内のお茶とそれを原料とした紅茶となっています。

取材を終えて


菩提寺で次郎長を語る牧田氏

次郎長の菩提寺を見学しました。牧田氏自らが案内解説していただき、長年この場所でご商売されていることを差し引いても、その詳しさに驚きました。牧田氏の地元愛、静岡への愛情を感じた取材でした。5月から新茶シーズンです。ぜひ菩提寺の梅蔭禅寺と共に小松園を訪れてはいかがでしょうか。

取材・原稿 藤本 浩氏(プリントバリュー㈱・静岡支部)

Copyright (c) 2014 静岡県中小企業家同友会 All Rights Reserved.