同友会会員ページ
  • 会員訪問記
  • 専門委員会・プロジェクト
  • 中小企業憲章
  • 激動の時代の羅針盤 経営指針
  • 行事案内
  • 私の逸品スペシャル
  • 静岡県中小企業同友会2020年ビジョン
  • 静岡県中小企業家同友会 入会案内
  • 30周年記念ムービー
  •  
関連リンク
  • 同友会活動支援システム
  • 中小企業家同友会全国協議会
  • 中小企業家同友会 共同求人サイト
  • 全国の会員企業がわかる 同友会会員検索

同友会のご案内

静岡県中小企業家同友会 概要

静岡県中小企業家同友会
〒420-0857
静岡市葵区御幸町8
静岡三菱ビル6F
TEL / 054-253-6130
FAX / 054-255-7620

静岡中小企業家同友会バナー

リンクバナーです。
自由にご利用下さい。

過去記事をご覧いただけます。

同友会会員ページ

新代表理事が語る静岡同友会ビジョン

カテゴリー:新着情報|最終更新:2011年08月22日

 8月17日 サンウェルぬまづにて沼津支部8月例会が行われました。
 ここ数日、アメリカの国債格下げ、ギリシャを発端とするヨーロッパ各国の経済危機により、為替は戦後最高値をうかがう勢いです。日本の製造業は、東日本大震災の余波の中、いまだ経験のない厳しい外部環境変化のなかで生き残りをかけているのが現状です。 この様な激変する経済情勢の中、静岡同友会として2015年に向けた活動ビジョンを掲げ、今回沼津支部8月例会に榛原支部の知久正博氏に来ていただき、活動ビジョンについてお話をしていただきました。
 1)21世紀型企業づくり、2)中小企業が主役の経営環境づくり、3)時代を担う同友会組織づくり、の3本の柱の中で、特に「21世紀型企業づくり」に取り組むことは、絶対に会社をつぶさない立派な会社をつくる事だと理解しました。
 会社を黒字化し、無借金経営をめざすためにも、経営指針の成文化や、企業変革プログラムの活用が大事だと痛感しました。熱のこもった具体的なお話のなかでも、印象に残ったのが、「社長の仕事」についてのエピードでした。毎日、現場で社員とともに汗水流している社長、社員からの評価は大変よい社長としても、必ずしも社長として合格とは言えないとのこと。本来社長としての役割は、社員から見えづらい、会社の将来に向けたビジョンを描き、その実現のために様々な戦略を考えることであり、いつも「役柄」を意識しなければならない。
 今回の同友会ビジョン例会を通して、まさに自社の企業づくりこそが、静岡同友会ビジョンを実現するものだと理解できました。また今回初めての試みとして、それぞれ会員の皆様に備忘録を書いてもらい回収、数か月後、どれだけ実行できたのか検証することで、PDCAを繰り返し、効果に結び付けていきたいと思います。

                   沼津支部 羽野 佳明氏

Copyright (c) 2014 静岡県中小企業家同友会 All Rights Reserved.