同友会会員ページ
  • 会員訪問記
  • 専門委員会・プロジェクト
  • 中小企業憲章
  • 激動の時代の羅針盤 経営指針
  • 行事案内
  • 私の逸品スペシャル
  • 静岡県中小企業同友会2020年ビジョン
  • 静岡県中小企業家同友会 入会案内
  • 30周年記念ムービー
  •  
関連リンク
  • 同友会活動支援システム
  • 中小企業家同友会全国協議会
  • 中小企業家同友会 共同求人サイト
  • 全国の会員企業がわかる 同友会会員検索

同友会のご案内

静岡県中小企業家同友会 概要

静岡県中小企業家同友会
〒420-0857
静岡市葵区御幸町8
静岡三菱ビル6F
TEL / 054-253-6130
FAX / 054-255-7620

静岡中小企業家同友会バナー

リンクバナーです。
自由にご利用下さい。

過去記事をご覧いただけます。

同友会会員ページ

お届けするのは「心聞(しんぶん)」です ㈲雨森新聞舗 雨森 壮一朗氏(富士支部)

カテゴリー:会員訪問記, 富士支部, 新着情報|最終更新:2013年04月10日

専務取締役 雨森 壮一朗氏(富士支部)

事業内容:新聞販売及び配達・フリーペーパー発行

設立:1977年12月

社員数:35名(アルバイト含む)

入会:2012年5月

所在地:富士市加島町5-18

URL:http://www.amemori.jp/top.html

 

【セールスポイントは“人”です】

新聞販売は、配達エリアが販売店ごとに決まっていたり、販売価格が定額であったり、異業種参入が難しいなど、かなり特殊な業種です。そして限定されたエリアの中で限られたパイを奪い合う、また深夜から夕方まで配達のために不規則な生活を強いられるという厳しい経営環境に晒され続けている業種でもあります。

そういった状況の中でただ漫然と新聞を配達するだけでなく、「個別宅配サービス」という概念を取り入れて経営改革に取り組んでいる企業が、㈲雨森新聞舗です。

新聞というコンテンツそのもので差別化を図るのではなく、実際に配達をしている「人」を売りにするという考え方を取り入れているのです。「顔が見える新聞販売店」というコンセプトのもと、年に1回は、社員全員の顔写真付きチラシや「心聞(しんぶん)」というキャッチコピーの広告を折り込むこと。担当する配達員はそれぞれの担当世帯に対し、年末にお礼のメッセージ付きチラシを配布するなど、配達員そのものを売りにしています。

また現在の顧客に満足することなく、毎日新規開拓をはかり、雨森さん自身も日曜日は飛び込みの営業活動を実施しています。

【事業継承と今後の展望】

代表取締役は既に実務からは遠ざかっており、実質的には雨森さんが経営を取り仕切っています。雨森さん自身が自発的に継承したいと申し出れば、早々に事業継承がなされるところまで、経営のバトンタッチは進んでいます。

今後は、新聞販売店独特の強みである各家庭に個別に配達ができるという、エンドユーザー向けのサービス形態を活かしたビジネスにも興味を示しています。ただ新聞を配達するという作業から、人と人との繋がりを目指している㈲雨森新聞舗から目が離せません。

取材・原稿:望月 光太郎氏(富士支部)

Copyright (c) 2014 静岡県中小企業家同友会 All Rights Reserved.