同友会会員ページ
  • 会員訪問記
  • 専門委員会・プロジェクト
  • 中小企業憲章
  • 激動の時代の羅針盤 経営指針
  • 行事案内
  • 私の逸品スペシャル
  • 静岡県中小企業同友会2020年ビジョン
  • 静岡県中小企業家同友会 入会案内
  • 30周年記念ムービー
  •  
関連リンク
  • 同友会活動支援システム
  • 中小企業家同友会全国協議会
  • 中小企業家同友会 共同求人サイト
  • 全国の会員企業がわかる 同友会会員検索

同友会のご案内

静岡県中小企業家同友会 概要

静岡県中小企業家同友会
〒420-0857
静岡市葵区御幸町8
静岡三菱ビル6F
TEL / 054-253-6130
FAX / 054-255-7620

静岡中小企業家同友会バナー

リンクバナーです。
自由にご利用下さい。

過去記事をご覧いただけます。

同友会会員ページ

富士宮市副市長、大いに語る 富士宮支部8月例会

カテゴリー:富士宮支部, 新着情報|最終更新:2013年08月12日

2013年8月2日(金)富士宮市志ほ川にて富士宮支部8月例会が行われました。
8月例会では、富士宮市副市長の芦澤英治氏を招いて、富士宮の市政についてざっくばらんに話していただきました。
 講話を要約すると、「時代はどんどん変わる、30年も経てばまちはすっかり激変する。だから、時代の流れ・トレンドをしっかりと見極め、そこに向けて舵を切っていく必要がある。特に、今後やってくる少子高齢化の加速、人口減少時代に向けて、しっかりとしたビジョンをもたない市は淘汰される」ということを熱く語っていただきました。
 また、「富士宮には、富士山があり、それから湧き出る水の恵みがある。その強みを生かして、本物のおもてなしが出来るまちづくりをしなければならない」という力強い言葉は、「世界遺産をネタに薄っぺらい商売したって、3年で飽きられてしまう」現実を目の当たりにした、行政の一つの答えでもありますし、その考えは私個人も大いに賛同致します。
懇親会では、副市長を若手会員が囲い、各自、名刺交換をしながらいろいろな話をしていましたが、行政との距離がかなり縮まったのではないかと思います。
稲原 研氏(松屋電気商会・富士宮支部)

Copyright (c) 2014 静岡県中小企業家同友会 All Rights Reserved.