同友会会員ページ
  • 会員訪問記
  • 専門委員会・プロジェクト
  • 中小企業憲章
  • 激動の時代の羅針盤 経営指針
  • 行事案内
  • 私の逸品スペシャル
  • 静岡県中小企業同友会2020年ビジョン
  • 静岡県中小企業家同友会 入会案内
  • 30周年記念ムービー
  •  
関連リンク
  • 同友会活動支援システム
  • 中小企業家同友会全国協議会
  • 中小企業家同友会 共同求人サイト
  • 全国の会員企業がわかる 同友会会員検索

同友会のご案内

静岡県中小企業家同友会 概要

静岡県中小企業家同友会
〒420-0857
静岡市葵区御幸町8
静岡三菱ビル6F
TEL / 054-253-6130
FAX / 054-255-7620

静岡中小企業家同友会バナー

リンクバナーです。
自由にご利用下さい。

過去記事をご覧いただけます。

同友会会員ページ

【シリーズ羅針盤】2014年11月 三田 宏一氏 (有)エムケイテクノ

カテゴリー:三島支部, 新着情報, 経営指針|最終更新:2014年11月10日

私は2011年に第8期「経営指針を創る会」に参加しました。その3年前、2008年のリーマンショックの影響は甚大なものでした。売り上げは4割落ち込み、翌年もそこから更に2割減少、両年ともに年間売上比30%超の営業損失を計上しました。幸い2010年から回復基調に転じ、「さぁ出直しだ」と全社で意気込んでいる矢先、東日本大震災が起きました。我が社では大きな被害はありませんでしたが、関東方面の顧客からの注文はストップ、また計画停電の影響で生産ラインの混乱が続き、体調を崩す社員が続出しました。今思うとなぜそのような時期に創る会への参加を決意したのか、正直良く覚えていません。

リーマンショックと震災後の混乱は想像以上に大きな傷跡を残していました。金銭的損失はもとより、特に深刻だったのは経営者である私の精神面の影響でした。景気動向など外部環境に左右されやすい自社事業の将来性を悲観し、事業転換ばかりを考える日々。参加した創る会でもそのことを口にしていました。その時ある先輩にピシャリと「そんなことばかり考えて、今の仕事を一生懸命やってくれている社員に恥ずかしくないのか」と言われたのです。その時は「俺だって社員のことを一番に考えている、うちの会社の事など何も分からにくせにっ!」とムカムカしながら三島まで帰ったのですが、一日、二日と時間がたつに従いその言葉がだんだんと腑に落ちてきました。確かに自分の分析は甘かったかもしれない、可能性があるかもう一度徹底的に考え直そう、と…。結果的に「可能性」はありました。それは他社がやりたがらない、場合によってはリスクを伴う仕事ですが、我が社は新たな一歩を踏み出しました。勇気が要りましたが、その勇気をくれたのもあの先輩の一言でした。

経営指針は羅針盤に喩えられますが、その目的地をどこに定めるのかは船長が決めます。私は創る会のおかげで目的地を誤らずにすみました。導いてくれた諸先輩方と同期の皆さんには、心から感謝しています。

経営指針を創る会8期卒業生 三田 宏一氏(㈲エムケイテクノ・三島支部)

● ● ● ● ●

Copyright (c) 2014 静岡県中小企業家同友会 All Rights Reserved.