同友会会員ページ
  • 会員訪問記
  • 専門委員会・プロジェクト
  • 中小企業憲章
  • 激動の時代の羅針盤 経営指針
  • 行事案内
  • 私の逸品スペシャル
  • 静岡県中小企業同友会2020年ビジョン
  • 静岡県中小企業家同友会 入会案内
  • 30周年記念ムービー
  •  
関連リンク
  • 同友会活動支援システム
  • 中小企業家同友会全国協議会
  • 中小企業家同友会 共同求人サイト
  • 全国の会員企業がわかる 同友会会員検索

同友会のご案内

静岡県中小企業家同友会 概要

静岡県中小企業家同友会
〒420-0857
静岡市葵区御幸町8
静岡三菱ビル6F
TEL / 054-253-6130
FAX / 054-255-7620

静岡中小企業家同友会バナー

リンクバナーです。
自由にご利用下さい。

過去記事をご覧いただけます。

同友会会員ページ

日本中の人の笑顔をつくる!! EN’S Group 遠藤 崇浩氏 富士宮支部

カテゴリー:富士宮支部, 新着情報, 私の逸品|最終更新:2014年11月12日

【表紙写真】EN’S Group 代表 遠藤 崇浩氏

会員企業名 EN’S Group 設立 2005年4月
会員名 遠藤 崇浩 業種 サービス業
所属支部 富士宮支部 社員数 役員1名 正規4名、パートアルバイト16名
会暦 2011年2月入会 事業内容 飲食業

 

◆美味しい牡蠣を安心して食べられるようにしたい。

「ラウンジバーエンズ」と「フジヤマタパス」の2店舗の飲食店を経営している、EN’S Group(エンズグループ)代表の遠藤崇浩さんが、新たな自社のイノベーションとして目をつけた食材は、“あたる”と言われる「牡蠣」でした。

◆「バカヤロー」から「ありがとう」 に

遠藤さんが10代の頃は、いわゆる「悪ガキ」で、将来何をしたいかもわからず場当たり的な日々だったといいます。そんな中でたまたま先輩の誘いで飲食店を手伝った時、お客様に「美味しかったよ」と、感謝の言葉をもらう事ができました。

「今までは『バカヤロー』とか『この野郎!』くらいしか言われなかった自分が「ありがとう」と言われた!!すごい嬉しい!!!」

この感動体験が、その後の人生を大きく変える事になったのです。

やがて、昼は割烹料理店、夜はスタンダードバーで修行を重ね、最初の店舗「エンズバー」を富士宮市内でオープンさせたのが2005年、遠藤さんが若干まだ23歳の時でした。さらに、2009年には「ダイニングバーエンズ(現:ラウンジバーエンズ)」として、これまでの10席から40席の店舗に移転リニューアル、気軽にイタリアン料理を楽しめるようにしました。

◆同友会への入会と経営理念。あなたの心を幸せに。

2011年「ただ良い話を聞くだけじゃなく、経営の悩みも聞いてもらえるし、議論をしあえるようなフィードバックできる場のある勉強会があるよ」と、友人の紹介で静岡県中小企業家同友会に入会しました。経営指針研究会にも入り、経営理念を磨き上げる機会にも恵まれました。「笑顔をつくる、幸せにする」そうしたコンセプト・想いを理念の隅々込め、毎日スタッフと唱和するようにもなりました。

創業時は店長兼シェフでスタートした遠藤さんも、いつしか、経営計画や仕組みをつくり、人を育てて任せる、文字通りの「経営者」として、さらなる成長を遂げています。同友会活動も、今では、仲間たちと全国イベントにも積極的に参加し、同友会の学びを深めています。

◆新店舗展開と牡蠣との出会い。

遠藤さんは2013年、これまでのイタリアン料理とは別のコンセプトの店舗を企画し、スペインの小皿料理に着想を得た「フジヤマタパス」を同じく富士宮市内にオープンしました。100席近いパーティ利用も可能な柔軟な店舗スペースで、お客様にも好評を得ていきました。


そうはいっても、やはりサービス産業、年間を通じて見ると、やはり景況の波が必然的に出てきます。特に、2月と9月が非常に厳しく、この業界のジンクスを打破したい、それでいて、お客さんにも幸せになってもらえるものは無いかと、様々なメニューや食材を研究、試行錯誤する日々の中で着目したのが牡蠣でした。

◆安全に、美味しく牡蠣を提供したい。

みんなも大好き、自分も大好き、栄養も豊富な牡蠣を安心して提供したい。身近で食べられるようにしたい。でも、安全性が気になる。そんな中、「オイスターマイスター」の資格の存在を知り勉強をはじめた遠藤さん。衛生管理基準、産地選定、生物学的な牡蠣の特性、加工技術等など、様々な知識や技術を学び、試験にも無事合格しました。

★オイスターマイスター協会ホームページの紹介文(外部リンク)
http://oysters.jp/ens.php

これでいよいよ・・・と思いきや、遠藤さんは違いました。

「しかし、それだけではまだ不安。本当に、安全な牡蠣が産地で加工されて出荷されているか?」

この目で確認すべく、遠藤さんは広島、兵庫、石川(能登)など、実際に現地に赴きました。時には生産者さんと一緒になって牡蠣の種付けなども取り組み、牡蠣の最前線をその目、その手で確かめ、信頼できる取引先を選定しました。

そしていよいよ満を持して2014年3月、オイスターマイスターの提供する牡蠣の販
売開始。

ほぼ毎日のように、産地から大粒で新鮮な牡蠣が届きます。あっという間に完売していき、手応えを感じました。牡蠣の旬といえば冬ですが、年間を通して提供できるよう、産地の特性、出荷スケジュールを確かめながら、夏季でも牡蠣が食べられるようにしています。8ヶ月(2014年11月現在)たった今、フジヤマタパスの名物といえば、大粒で新鮮な牡蠣!というまでになりました。

◆日本中の人の笑顔をつくる!!

遠藤さんの掲げる「お客さんが喜ぶ、幸せになる商品を、きちんと、そして適正価格で提供する。」という経営理念の実現に終わりはありません。

お店の入り口に掲げられた経営理念。そしてその横に書かれたスタッフ一人ひとりの想い。料理を通じて、日本中の人の笑顔を作りたい。そんな純粋な思いを日々具現化するエンズグループのこれからが楽しみです。

取材・文:田邉 元裕氏(有限会社カボスメディアワークス・富士宮支部)

Copyright (c) 2014 静岡県中小企業家同友会 All Rights Reserved.