同友会会員ページ
  • 会員訪問記
  • 専門委員会・プロジェクト
  • 中小企業憲章
  • 激動の時代の羅針盤 経営指針
  • 行事案内
  • 私の逸品スペシャル
  • 静岡県中小企業同友会2020年ビジョン
  • 静岡県中小企業家同友会 入会案内
  • 30周年記念ムービー
  •  
関連リンク
  • 同友会活動支援システム
  • 中小企業家同友会全国協議会
  • 中小企業家同友会 共同求人サイト
  • 全国の会員企業がわかる 同友会会員検索

同友会のご案内

静岡県中小企業家同友会 概要

静岡県中小企業家同友会
〒420-0857
静岡市葵区御幸町8
静岡三菱ビル6F
TEL / 054-253-6130
FAX / 054-255-7620

静岡中小企業家同友会バナー

リンクバナーです。
自由にご利用下さい。

過去記事をご覧いただけます。

同友会会員ページ

「迫る事業承継!新旧経営陣に求められるものは?」-会社継続のため、社員を守るために- ~沼津11月例会~【会員報告】

カテゴリー:新着情報, 沼津支部|最終更新:2014年12月10日

今回の報告者である半場久王氏(㈲富士電機工業)は、家業である自社に入社後、その内情に触れていくに連れ、自社を取り巻く外部環境の変化に対応出来るよう変革をしていくべきではないか、との思いを強くしていきます。しかし、変革の必要を感じない社長と衝突。その後の社長と社員の衝突や、その間に入り調整する半場氏の苦悩、そして「社員の為に会社を変えたいから、事業承継を早くして欲しい」という思いが伝わる半場氏の報告でした。

年代や立場の違う中、自社の事業承継をどうするかを問うバズ・セッションでは、承継する側とされる側の双方にある想いを互いに理解し尊重する事の大切さや、互いに真正面から向き合って納得のいくまで話し合う事、社長と社員がそれぞれに相互理解に努めればそれだけ会社の持続可能性は高まる、という意見が出ました。

事業承継は、立場ごとにそれぞれの想いがあり、それが故に「こうすれば上手くいく」という模範解答は無いのだと思います。ただ、会社の持続可能性を考えると、経営者の身内だけを経営主体に限定するのではなく、従業員をも含めて広い視野を持って経営を捉え、労使見解の実践や理念の共有・浸透、経営計画の策定と実践に邁進し、社内に広く「想いの承継」をしていく事が大切ではないか、と考えさせられる例会でした。

田中 玄徳氏(㈱さなえ・沼津支部)

● ● ● ● ●

Copyright (c) 2014 静岡県中小企業家同友会 All Rights Reserved.