同友会会員ページ
  • 会員訪問記
  • 専門委員会・プロジェクト
  • 中小企業憲章
  • 激動の時代の羅針盤 経営指針
  • 行事案内
  • 私の逸品スペシャル
  • 静岡県中小企業同友会2020年ビジョン
  • 静岡県中小企業家同友会 入会案内
  • 30周年記念ムービー
  •  
関連リンク
  • 同友会活動支援システム
  • 中小企業家同友会全国協議会
  • 中小企業家同友会 共同求人サイト
  • 全国の会員企業がわかる 同友会会員検索

同友会のご案内

静岡県中小企業家同友会 概要

静岡県中小企業家同友会
〒420-0857
静岡市葵区御幸町8
静岡三菱ビル6F
TEL / 054-253-6130
FAX / 054-255-7620

静岡中小企業家同友会バナー

リンクバナーです。
自由にご利用下さい。

過去記事をご覧いただけます。

同友会会員ページ

「ドライブレコーダーで考える社内や社員のリスク管理」-あなたはもらい事故を証明できますか- ~三島6月例会~【会員報告】

カテゴリー:三島支部, 新着情報|最終更新:2015年07月10日

報告者の柳楽洋一郎氏(㈲ゼロ)は、2年前の例会報告後、「防犯はセキュリティシステムが担うもの、という考えに自分は捉われ過ぎていないか」という疑問を抱きます。そして、例会での学びを重ねるうち「広い視野で考えれば、ドライブレコーダーも“走る防犯”ではないか」という考えに辿り着きました。さらにドライブレコーダーは防犯だけでなく、社員の交通事故の減少=リスクマネジメント、さらには会社の社会貢献にも繋がっていくことになると述べ、自動車事故データや、レコーダーに記録された事故の惨状を紹介しました。「ドライブレコーダーなしでは、もらい事故を証明するのは難しく、まして営業車で相手方が地元の方との事故となると強く主張できないなどといった、中小企業ならではのリスクを防ぐこともできる」と説明しました。一方で、社員はレコーダー搭載を「自分逹を管理する為ではないか」と誤解しやすい、と悩みも述べます。柳楽氏はこの事について「逆に社員や家族をも守る防御であり、防御は最大の武器でもある」と語ってくれました。

佐藤 浩美氏(㈲佐藤葬具店・三島支部)

Copyright (c) 2014 静岡県中小企業家同友会 All Rights Reserved.