同友会会員ページ
  • 会員訪問記
  • 専門委員会・プロジェクト
  • 中小企業憲章
  • 激動の時代の羅針盤 経営指針
  • 行事案内
  • 私の逸品スペシャル
  • 静岡県中小企業同友会2020年ビジョン
  • 静岡県中小企業家同友会 入会案内
  • 30周年記念ムービー
  •  
関連リンク
  • 同友会活動支援システム
  • 中小企業家同友会全国協議会
  • 中小企業家同友会 共同求人サイト
  • 全国の会員企業がわかる 同友会会員検索

同友会のご案内

静岡県中小企業家同友会 概要

静岡県中小企業家同友会
〒420-0857
静岡市葵区御幸町8
静岡三菱ビル6F
TEL / 054-253-6130
FAX / 054-255-7620

静岡中小企業家同友会バナー

リンクバナーです。
自由にご利用下さい。

過去記事をご覧いただけます。

同友会会員ページ

【私の逸品】ドライブレコーダで企業のリスク管理に貢献 (有)ゼロ 柳楽 洋一郎氏 三島支部

カテゴリー:三島支部, 新着情報, 私の逸品|最終更新:2015年09月10日

【写真】(有)ゼロ 柳楽 洋一郎氏

【逸品】ドライブレコーダー

会員企業名 (有)ゼロ 設立 1999年10月
会員名 柳楽 洋一郎 業種 自動車用品小売業、自動車販売、板金、塗装、車検
所属支部 三島支部 社員数 パート1名
会暦 2012年10月入会 事業内容 タイヤ、ホイル、ナビゲーション、カーオーディオ、車検、板金、塗装、カーセキュリティー関連商品

 

柳楽洋一郎氏(左)、スタッフの小林さんとドライブレコーダーをアピール

柳楽洋一郎氏は、1999年に沼津で、カスタム&ドレスアップを中心とする自動車用品小売業をスタート。オープン当初2~3年は、順調に売り上げは伸びていきますが、ガソリンの高騰や若者の車に対する価値観の変化などにより、徐々に客足が遠のき、自動車メーカーと自動車用品業界の規模も縮小していきます。その一方で、お客様の車の盗難や車上荒らしの被害に遭う事が目立っていきました。その原因を探った結果「国産車には大した防犯対策がされていない」ということが分かりました。そこで柳楽氏は2003年頃から、カーセキュリティの取り付け販売を開始しました。

● ● ● ● ●

その後、被害件数があまりに多くなってきた為、各地でも防犯対策やカーセキュリティの装着等が進みました。さらには自動車メーカーが、新車に対して容易にエンジンのかからない電子キーを標準装備するようになります。その結果、被害件数は減少に転じました。「セキュリティ」が自動車業界に浸透したことにより、ドライバーの盗難対策に対する意識は薄れていきます。カーセキュリティに対する興味や関心が低下したため、柳楽氏は、セキュリティに変わり強みとなる市場の開拓、商品の選択を余儀なくされました。

柳楽氏は「㈲ゼロが強みとしてきた“セキュリティ“を核に据え置き、もっと身近な防犯に繋がるものはないだろうか?」と色々検討しました。そして、「毎日のようにニュースで放送される自動車事故の減少&防止こそ、地域の貢献にも繋がる業務ではないか!」と閃きます。そこで心機一転、気持ちも新たに、柳楽氏の地元である三島に移転したのでした。

柳楽氏は三島に移転後、近年話題になっているドライブレコーダーの様々な効果を検証・検討しました。そして、装着後は事故が約3割減少しているという報告に着目。「このときに、ドライブレコーダーを拡販して交通事故の減少に努める、という決意を固めた」と柳楽氏は言います。

柳楽氏の説明を聞く大川氏(左)、佐藤氏

● ● ● ● ●

さて、静岡県は、事故発生率がこれまでもずっとワースト上位に挙がっています。その理由として、東名と第2東名が横切る県であること、さらには富士山に見とれて脇見運転するドライバーも多くいることが挙げられます。世界遺産に登録された富士山や韮山反射炉をはじめ、箱根の大吊橋など観光名所が多くある静岡県東部は、今後も観光客が増加することでしょう。それと共に、ドライバーの様々なリスクも増加していくことと考えられます。

このようなことに加え、2015年6月1日に施行された改正道交法により、自転車と自動車の接触事故も増加するのではないか、という大きな懸念もあります。社員さんが営業車で交通事故を起こしてしまった場合のリスクや交通違反を犯してしまった場合など、「そのときに何があったか」を証明できるツールが必要になってきています。
一日における昼夜の事故発生比率は昼60%:夜40%であり、昼の事故は事業用乗用車が多いことがデータで示されています。そこで企業に求められるのがリスクマネジメントであり、そこで力を発揮するのが、ドライブレコーダーなのです。

防犯設備士の資格を持つ柳楽氏は、中小企業各社の皆様に、このようなリスクマネジメントの上で「具体的になにをすればいいのか」を説明して回っています。ドライブレコーダーを設置し録画することで、安全運転への意識向上と交通違反・事故の減少に繋がること、事故やクレーム時の客観的な判断材料として利用できること、また、ドライブレコーダーがない場合の証明方法がかなり困難であることを、実際のお客様の例を挙げて話してくれました。

● ● ● ● ●

取材の最後、柳楽氏は「交通違反や事故などだけでなく、ドライブレコーダーを付けて走る営業車が多くなれば、その会社が地域の防犯の『目』となり地域貢献・社会貢献に繋がっていく。地域全体の防犯、そして安全・安心なまちづくりに繋がってほしいと思って取り組んでいる」と締めくくってくれました。

取材・記事:大川 博泰 氏(大川食品工業㈱・三島支部)
佐藤 浩美 氏(㈲佐藤葬具店・三島支部)

Copyright (c) 2014 静岡県中小企業家同友会 All Rights Reserved.