同友会会員ページ
  • 会員訪問記
  • 専門委員会・プロジェクト
  • 中小企業憲章
  • 激動の時代の羅針盤 経営指針
  • 行事案内
  • 私の逸品スペシャル
  • 静岡県中小企業同友会2020年ビジョン
  • 静岡県中小企業家同友会 入会案内
  • 30周年記念ムービー
  •  
関連リンク
  • 同友会活動支援システム
  • 中小企業家同友会全国協議会
  • 中小企業家同友会 共同求人サイト
  • 全国の会員企業がわかる 同友会会員検索

同友会のご案内

静岡県中小企業家同友会 概要

静岡県中小企業家同友会
〒420-0857
静岡市葵区御幸町8
静岡三菱ビル6F
TEL / 054-253-6130
FAX / 054-255-7620

静岡中小企業家同友会バナー

リンクバナーです。
自由にご利用下さい。

過去記事をご覧いただけます。

同友会会員ページ

感動的な「お茶のある時間」をめざして 斉藤園  齊藤 大介 氏(御殿場支部)

カテゴリー:会員訪問記, 御殿場支部, 新着情報|最終更新:2016年05月10日


感動的な「お茶のある時間」をめざして

斉藤園

齊藤 大介 氏(御殿場支部)

事業内容 製茶製造・販売業

創業   1979年

社員数  正規 3名 

入会   2007年7月

所在地  御殿場市川島田771-3

URL  http://tea-saitouen.com/

齊藤大介氏(後列右から2番目)

親子二代で営む斉藤園

御殿場の地で約40年製茶販売を行っている斉藤園は、父の代より2代に渡って地元に愛されているお茶屋さんです。現在2代目として御殿場支部に所属している齊藤大介氏。斉藤園は自社の茶畑を持ちませんが、そのぶん牧之原市内の信頼できる茶農家さんや製茶工場と契約し、斉藤園こだわりの静岡県産深蒸し茶を製茶・販売しています。創業者のご両親とタッグを組み次々と新しいことに取り組む斉藤園の店内は、お洒落な雰囲気が漂っていました。

お茶の文化をもっと身近に

齊藤氏は「お茶を飲む」という日本古来の習慣を、もっと若い人たちに浸透してもらいたいと語っていました。その為に取り組んでいるのが、「斉藤園」のお洒落なブランドイメージ作りです。味には絶対の自信があっても、飲んでもらわなくては選ばれない。まず飲んでもらうためには、お洒落なデザインでないと若い人に受け入れてもらえない。そんな思いから、お店のロゴマークや茶缶、パッケージのデザイン変更、お洒落な茶器開発に取組み、展開しています。

ネットで新しいファンを増やす

また斉藤氏は、前職がIT系企業という異色の経歴を生かし、電子媒体を活用した顧客拡大にも積極的に取り組んでいます。ホームページからの受注・発送、メールマガジンの配信はもちろん、FacebookページやLINE公式アカウントからの情報発信にも取り組み、顧客の地域や年齢層の拡大にも積極的です。
「お茶屋さん」のイメージを、新しくお洒落なものにしようと奮闘する斉藤氏。飲んで感動するおいしいお茶を多くの人に提供したいという想いが、熱い言葉からにじみ出ていました。

 

取材・原稿:大川 隆久氏(フヱタ工業㈲・御殿場支部)
取材・撮影:片野 貴一郎氏(㈱モスク・クリエイション・御殿場支部)
取材:勝亦 英樹氏 (勝亦製材駿河鉄骨㈱・御殿場支部)
松岡 健二氏(㈱オサコー計画・御殿場支部)
遠藤 直樹氏(㈱マルエ・御殿場支部)

Copyright (c) 2014 静岡県中小企業家同友会 All Rights Reserved.