同友会会員ページ
  • 会員訪問記
  • 専門委員会・プロジェクト
  • 中小企業憲章
  • 激動の時代の羅針盤 経営指針
  • 行事案内
  • 私の逸品スペシャル
  • 静岡県中小企業同友会2020年ビジョン
  • 静岡県中小企業家同友会 入会案内
  • 30周年記念ムービー
  •  
関連リンク
  • 同友会活動支援システム
  • 中小企業家同友会全国協議会
  • 中小企業家同友会 共同求人サイト
  • 全国の会員企業がわかる 同友会会員検索

同友会のご案内

静岡県中小企業家同友会 概要

静岡県中小企業家同友会
〒420-0857
静岡市葵区御幸町8
静岡三菱ビル6F
TEL / 054-253-6130
FAX / 054-255-7620

静岡中小企業家同友会バナー

リンクバナーです。
自由にご利用下さい。

過去記事をご覧いただけます。

同友会会員ページ

【シリーズ羅針盤】2013年6月 第25回 高田磨人氏(天ふじ)

カテゴリー:富士支部, 経営指針|最終更新:2013年06月10日

1999年に同友会入会し、7年目の2006年、ついに経営指針を創る会の門を叩きました。 以前から富士支部の経営理念部会に参加しており、例会でも何度か理念の発表をしたのですが、いまひとつ腑に落ちていませんでした。

店舗経営に必要だろうなぁと感じていたものの、理解に乏しくどちらかと言うと私自身の生き方やイデオロギーに偏っていた理念でした。

この理念をひっさげ県の経営指針を創る会に参加したところ、初日のオリエンテーションから1期、2期生の皆さんに色々と指摘され、「俺はやっていけるのかな」という不安を抱えながら、創る会の先輩でもある富士支部の東海林誠さん(ねじいち)に良く相談したものです。

私にとっての創る会とは、経営指針書を作成する事により、自己、仕事、店舗を掘下げて考え、どのようにしたらこの仕事で飯が食っていけるのかと考えさせられた一年でした。 今までは、「江戸前天ぷらとは何か」ということを知ってもらえる店を目指してきました。

しかし、経営指針は経営の羅針盤と思いながらも、努力不足もあり、たまには「美味い話」に乗っかってしまい、理念そっちのけで金儲けに走りがちな時もありました。理念を持って仕事をするという事の大事さ、そしてそれをどう具体的に行動に移し、お客さんや周りの皆さんに理解して頂けるのか身に染みます。

振り返ってみると、自分で作った指針書を堅苦しく思い、仕事をつまらなくさせた挙句、嫌になってしまい、中途半端に終わらせていました。目標達成のための指針書が、目標から遠ざけるものになっていたのかもしれません。そこに欠けていたもの。それは、仕事は楽しく遊び心を入れながら目標に向かって行動することだったのです。「楽しさと遊び心」。この気持ちを持ち続けて、邁進したいと思います。

経営指針を創る会2期卒業生 高田 麿人氏(富士支部)

 

Copyright (c) 2014 静岡県中小企業家同友会 All Rights Reserved.