同友会会員ページ
  • 会員訪問記
  • 専門委員会・プロジェクト
  • 中小企業憲章
  • 激動の時代の羅針盤 経営指針
  • 行事案内
  • 私の逸品スペシャル
  • 静岡県中小企業同友会2020年ビジョン
  • 静岡県中小企業家同友会 入会案内
  • 30周年記念ムービー
  •  
関連リンク
  • 同友会活動支援システム
  • 中小企業家同友会全国協議会
  • 中小企業家同友会 共同求人サイト
  • 全国の会員企業がわかる 同友会会員検索

同友会のご案内

静岡県中小企業家同友会 概要

静岡県中小企業家同友会
〒420-0857
静岡市葵区御幸町8
静岡三菱ビル6F
TEL / 054-253-6130
FAX / 054-255-7620

静岡中小企業家同友会バナー

リンクバナーです。
自由にご利用下さい。

過去記事をご覧いただけます。

各支部のご案内

志太支部

 

①平成 28 年度志太支部スローガン

『 志太 リ・スタート!』~本気になれば全てが変わる~
~志太支部 40 周年・100 名体制に向けて新たな一歩を踏み出そう~

 

 昨年志太支部は、設立30周年大きな節目を迎え、松葉支部長、戸塚実行委員長を中心に10周年、20周年を経験したベテラン会員から入会間もない若手会員まで、全員の力で素晴らしい記念式典の開催を成し遂げました。特に私自身が感じたのは記念式典の成功はもちろん、その記念式典の1年以上前から会員みんなで何回も話し合い、議論する事で一人一人の自分の役割を理解し、一つ一つの細かい問題までクリアしていったプロセスこそ1番大切なものだったのではないかという事です。中国の有名なことわざに「十年 偉大なり 二十年 畏るべし 三十年 歴史なる」があります。昨年志太支部は30周年を迎え大いなる歴史となりました。そして新たな31年目を迎える今年、これからの10年、そして「50年 神の如し」に向かって今の素晴らしい流れを止める事なく、新たな一歩を志太支部全員の力で踏み出すための先導役が私の役目であると考えます。

 そのために平成28年度志太支部スローガンを「志太 リ・スタート ~本気になれば全てが変わる~」としました。これは新たなリ・スタートを切る1年目の今年、これまでの同友会としての常識にとらわれず、失敗を恐れず、様々な実験的な例会を企画運営していくチャレンジが必要であり、会員一人ひとりが本気になってそれを進めていけば必ず素晴らしい結果に繋がると考えたからです。もちろんこれまで支部で培った様々な蓄積、基本である核の部分はしっかりと残し、受け継ぎながら、私自身が「行きたい!行くと勉強になる!元気になる!何か面白そうな事やっている!」そういった魅力ある同友会活動を外部にどんどん発信していきたいと考えます。そうすることで自然に会員増強につながり10年後といわず近い将来会員100名達成は決して不可能な事ではありません。この藤枝・焼津・島田の志太地域が更に元気になるためにはやはり地元の中小企業が元気にならなければならないはずです。

 私はそのためにもっと多くの方に同友会の学びの素晴らしさを知ってもらいたい、そのためにも更なる会員増強が不可欠であり、魅力ある例会等を通して他団体との交流を深めていく事が大切であると考えます。そして今後同友会が中心になって行政や地域社会としっかりと連携・向き合う事で、今県同友会で進めている中小企業振興基本条例の制定や、これまで進めてきたエコノミックガーデニングの一つの完成形をこの志太地域に誕生させなければなりません。これは行政や他のいかなる団体にも属しない同友会だから出来る事であり、その大きな目標に向かい志太支部会員一人ひとりが「本気になって」今年一年頑張っていきましょう!

 

 そして平成27年度、国を挙げての地方創生の掛け声のもと、国の本気、地方の本気、地域の本気、企業の本気、経営者の本気・・が問われる一年だと感じています。私たちを取り巻く経営環境も、大きく、そして激しく、早いスピードで変化して行く事が想定され、激しく我々自身の心と足元を揺さぶるでしょう。「でも地方の中小企業には・・・」との声も聞こえて来ますが、大企業だろうが中小企業だろうが、景気が良かろうが悪かろうが、企業経営をして行く上では常にピンチとチャンスの連続、新たな課題や次の目標への挑戦の連続であり、戦略と戦術の駆使を絶えず考えて行かなければなりません。走りながら考え、自分達で変えて行く“タフさ”が求められています。

 そのために平成28年度志太支部スローガンを「志太 リ・スタート ~本気になれば全てが変わる~」としました。これは新たなリ・スタートを切る1年目の今年、これまでの同友会としての常識にとらわれず、失敗を恐れず、様々な実験的な例会を企画運営していくチャレンジが必要であり、会員一人ひとりが本気になってそれを進めていけば必ず素晴らしい結果に繋がると考えたからです。もちろんこれまで支部で培った様々な蓄積、基本である核の部分はしっかりと残し、受け継ぎながら、私自身が「行きたい!行くと勉強になる!元気になる!何か面白そうな事やっている!」そういった魅力ある同友会活動を外部にどんどん発信していきたいと考えます。そうすることで自然に会員増強につながり10年後といわず近い将来会員100名達成は決して不可能な事ではありません。この藤枝・焼津・島田の志太地域が更に元気になるためにはやはり地元の中小企業が元気にならなければならないはずです。

② 支部重点活動テーマ ~「心・技・体」+『夢』の追求~

 今年度志太支部の重点活動テーマは、「心・技・体」三位一体の追求です。これは私自身人生を生きていく中でこの三つの事が基本であり大切である、また我々中小企業のリーダーにとってもっとも必要不可欠なものであると考えたからです。そして通常の「心」=精神力、「技」=技術力、「体」=体力に、更に今回活動テーマとしてもう一つ「夢」を加えました。

 「心」=精神力は、同友会の原点である「わが経営を語る」を支部会員、他支部の会員を含めて広く行っていく事で、経営理念・経営指針書の大切さや経営者としての現状の悩み・問題、そしてこれからの課題等をあらためて会員全員で考えていきます。

 「技」=技術力は、他団体や会員間からの学びや情報交換、企業変革支援プログラム等を活用し勉強を行っていく事で、経営者としての更なるスキルアップを目指していきます。

 「体」=体力は、行政や地域社会の発展のため同友会として責任ある意見を発信していくためには、志太支部として更なる会員増強と他支部や他団体との連携と交流が不可欠であり、また我々中小企業にとって大きな比重を抱える経営者はもちろん、社員一人ひとりの心と身体の健康もこれからの経営にとって大変重要な課題であると考えたからです。

 「そして最後の付け加えた「夢」は、我々中小企業家同友会の素晴らしい活動内容を外部の団体や市民の方々にもっと情報として伝えたい、そのためには更なる魅力ある例会の企画運営と、同友会志太支部の核となるべき支部理念の構築を今後しっかりと進めていかなくてはいけないという「想い」からきています。このように今年度志太支部ではこの「心」「技」「体」+「夢」の4つを大きな柱として、1年間活動を行っていきます。

③TEAM構成

・ TEAM A (大池リーダー)『心』~わが経営を語る・支部理念・経営指針~
・ TEAM B (山田リーダー)『技』~会員内での情報交換・経営者としてのスキルアップ~
・ TEAM C (塚本リーダー)『体』~会員増強と支部会員の心と身体の健康~
・ TEAM D (萬年リーダー)『夢』~魅力ある例会の企画運営と支部理念の構築~

※1・エコノミックガーデニング研究会はTEAM 活動とは別に企画する(正副支部長)
※2・県の委員会とのリンクは、役員会の中で担当を割り振る
※3・年間12回の例会を、各TEAM が3回づつ分担し、内容についてはスローガンや活動重点テーマに沿って、基本的には自由に企画を任せる。
※4・Kick Off は、各チームが3ヶ月に一回当番で発行する(6・9・12・3)
※5・榛原支部とは、5月の合同例会だけでなくTEAM レベル、役員会レベルでも交流機会を作っていく

支部DATA

平成28年度 支部長 : 宮本 浩

2016-11-11
老舗建設会社の未来を担う三代目後継者  山岸建設㈱  山岸 浩幸氏(志太支部)
2016-07-15
お客様の安心・安全を第一に考える地域密着企業 ㈲カーライフ静岡 大池 盛一郎氏(志太支部)
2016-06-10
同友しずおか VOL.451(2016年6月号)
2016-05-10
【私の逸品】ゆたかな緑のある暮らしを提供します ㈱立花ガーデン 山田 幹也氏 志太支部
2016-04-11
同友しずおか VOL.449(2016年4月号)
2015-12-10
同友しずおか VOL.445(2015年12月号)
2015-12-10
お客様と共に二人三脚で問題解決! 早川・池ノ谷合同司法書士事務所 早川 清人氏(志太支部)

Copyright (c) 2014 静岡県中小企業家同友会 All Rights Reserved.