同友会会員ページ
  • 会員訪問記
  • 専門委員会・プロジェクト
  • 中小企業憲章
  • 激動の時代の羅針盤 経営指針
  • 行事案内
  • 私の逸品スペシャル
  • 静岡県中小企業同友会2020年ビジョン
  • 静岡県中小企業家同友会 入会案内
  • 30周年記念ムービー
  •  
関連リンク
  • 同友会活動支援システム
  • 中小企業家同友会全国協議会
  • 中小企業家同友会 共同求人サイト
  • 全国の会員企業がわかる 同友会会員検索

同友会のご案内

静岡県中小企業家同友会 概要

静岡県中小企業家同友会
〒420-0857
静岡市葵区御幸町8
静岡三菱ビル6F
TEL / 054-253-6130
FAX / 054-255-7620

静岡中小企業家同友会バナー

リンクバナーです。
自由にご利用下さい。

過去記事をご覧いただけます。

同友会会員ページ

【シリーズ羅針盤】2013年1月第20回 松永節也氏(㈱フォー・ユー)

カテゴリー:経営指針|最終更新:2012年12月27日

私にとって「経営指針」を創ることも、皆で県の「経営指針を創る会」を続けていることも、「いい会社を作りたい」という想いがあるからです。そして何より仲間と一緒に創ると、自分の会社の課題がたくさん見えてきます。22年前、企業経営がわからなくて悶々としていたとき同友会に入会しました。言われるままに全国大会に参加した私に、同友会の仲間から「理念と方針を創ることが大切」とアドバイスいただきました。素直に一直線でした。仲間と一緒に、丸山博先生を東京に訪ね、拝み倒して清水支部(当時)の勉強会の講師に来てもらいました。勉強会は毎月1回、朝5時スタート。これで「時間が無くて欠席」の理由がなくなりました。清水の仲間15名と決めたルール。皆かっこよかったです。早朝勉強会を、眠い目をこすりながら3年間続けた頃は、「理念」「戦略」という言葉が飛び交っていました。2003年に静岡が設営した全国大会「中小企業問題全国研究集会」では経営報告をさせていただきました。そして沢山の成果が出始めました。当社にも若い新卒者が入ってくるようになりました。

そのような時、「静岡にも『経営指針を創る会』を立ち上げよう」という機運が高まりました。次のステップへのチャンスでした。青山達弘氏(静岡支部)と事務局の八田氏(現愛知同友会事務局)と私とで「全国最先端」の活動をする宮城県仙台市へ見学にいきました。目にしたのは「70人を超える泊まり込み合宿」「80時間にも及ぶ全体カリキュラム」「一人の受講生の為に皆で体を張った関わり合い」「社長の決意」「自分の会社の検証」「支部の仲間との絆の深化」…仙台の仲間の姿を目にし、深く刺激を受けました。現在の経営指針を創る会は、この仙台方式をベースにスタートしたのです。

それから9期、9年。経営者たちは自分たちの頭で考え、行動し合い、アドバイスをし合っています。素直に良いものを感じ、取り入れるなかで、素晴らしい経営者として歩まれています。また、仲間たちの役に立つスタッフの活動が活発なことも大きな成果です。特にこの2年は「企業変革支援プログラムステップⅠ・Ⅱ」が発行され、会社のPDCAをまわし、課題と発展のイメージが数値としてつかみやすくなったことが最大の収穫でした。

当社ではここのところ、後継者へのバトンタッチが最大の課題になっています。なかなかお互いの理解が深まらず、頭を抱えることが多かったのですが、経営理念をベースにした数値計画の話を切り出した際に、一気に議論が進みました。社員との信頼関係を深めることに非常に役に立っています。今は店長たちとも「共通の数値」から意見を出し合い、課題を話し合えるようになっていることが大きな成果です。

経営指針を創る会、そして同友会を続けてきて良かった!!皆様に感謝です。

経営労働委員会委員長 松永節也氏(静岡支部)

Copyright (c) 2014 静岡県中小企業家同友会 All Rights Reserved.