<{$xoops_sitename}>
サイトナビゲーション
同友会会員ページ
関連リンク
同友会活動支援システム
中小企業家同友会全国協議会
中小企業家同友会 共同求人サイト
同友会会員検索
連絡先

静岡県

中小企業家同友会

〒420-0857

静岡市葵区御幸町8

静岡三菱ビル6F

tel/054-253-6130

fax/054-255-7620


静岡中小企業家同友会バナー

リンクバナーです。

自由にご利用下さい。

2009年12月 社員一人一人が会社の顔になる 襯謄ーパワー 代表取締役 若杉幸秀氏に聞 
■創業までのエピソード 
 実は小学生の頃から、会社を興したいと思っていました。実家が経済的に厳しかったこともあってか、子供心に「将来俺は絶対社長になる!」と誓い、高校卒業後も働きながら専門学校に通って会計を学びました。
 その後、創業するまでの間に数々の仕事を経験しました。28歳の時に入社した印刷会社が一番しっくりきて、営業から制作、経理まで、5年に渡り経験を積みました。33歳の時に、名刺、封筒、チラシ等を手がける印刷業として、襯謄ーパワーを創業しました。社名の由来は取引先に茶業の方が多く、直感的に決めたのですが、静岡らしい良い名前になったと思います。



■店売りにこだわる経営
 創業から一貫している姿勢として「店頭での販売」にこだわっている点があります。良いものを適価で、それでいて「その人にあったもの」「確かなもの」を届けるには、お客様とのコミュニケーションが何より大事だと思っています。経営的な面から、掛売や配達をしないことで事業のコストやリスクを最小限に抑えることができます。
 創業して12年になりますが、2000年を過ぎた頃からインターネットが急激に普及したことによって、ネットショップを展開する同業者が増えました。ネット販売ではお客様の顔が直接見えません。また、価格だけの勝負に陥りがちな面もあるので、弊社「店頭販売」を重視しています。この方針はずっと変えていません。

■利益の確保、そして事業展開
 創業して数年してから、印刷業に加えて、印鑑制作を業務に加えました。認め印から会社の実印、銀行印、ゴム印など、様々な種類を揃えています。印刷・印鑑ともに、仕入れの工夫や、先に話したリスク管理で、高い利益率を確保しています。何をして、何をしないか、腹を決めて取り組むことが大事だと思っています。

■職場作り・社員教育はどのようにされていますか?
 主婦や家庭持ちの社員が多く、仕事と生活のバランスが第一。例えばお子さんの体調や行事の都合があればそちらを優先してもらいます。他には特筆すべき社員教育らしきものは行っていませんが、自己管理に関しては厳しいかもしれません。自分の体調や予定管理・連絡相談など、基本をしっかりできない人に良い仕事はできない、と考えています。あとは、社長が広告塔、という体制ではなく、社員一人一人が会社の顔となって、責任感と熱心さをもってお客様とやりとりをし、商品やサービスを提供していけるように仕事を任せています。

■同友会に入って 
 交流のあった会社の社長にお誘い頂き、昨年の4月に入会しました。様々な業種の方がいて、日々刺激・勉強になります。また、商品づくりや、経営の課題解決につながるアイディアやヒントもいただいたりして、仲間として、経営者のセンスを高め合える場となっています。

■これからの展望、想いなどありますか?
 経営は、同じ事を同じ水準で継続していると、現状維持ではなく衰退してしまいます。現在の事業にプラスアルファができるよう、常に新しい企画・商材を考えています。
 今の仕事とは別ですが、自身のライフワークとして、子ども達が自然の中で遊んだり、学べる企画・活動をしたいです。僕らが子どもの頃は、川遊び・山遊びをしながら知恵を得ました。何をしたら危ないのか、痛い目に遭うのかなど、自然から学ぶことで人間力が鍛えられました。子ども達が自然に触れあう機会が減っている昨今、未来をつくる子ども達の経験の場を作っていきたいですね。

創業    1997年
事業内容  印刷業、印鑑製造・販売
従業員数 7名(社長含む うちパート2名)  
2008年4月入会

        
       取材:田邉元裕氏 広報情報化委員



プリンタ用画面
前
2010年2月 ゴミ屋じゃないゴミ屋を目指して 富士山・御殿場・小山ブランドづくりに向かって走り回る! 螢織ダ産業 代表取締役 高田知氏に聞く
カテゴリートップ
TOP
次
2009年11月 社長とも真っ向議論!経営者として、後継者として取り組む日々! 蠶日鉄建専務取締役朝日康典氏に聞く