同友会会員ページ
  • 会員訪問記
  • 専門委員会・プロジェクト
  • 中小企業憲章
  • 激動の時代の羅針盤 経営指針
  • 行事案内
  • 私の逸品スペシャル
  • 静岡県中小企業同友会2020年ビジョン
  • 静岡県中小企業家同友会 入会案内
  • 30周年記念ムービー
  •  
関連リンク
  • 同友会活動支援システム
  • 中小企業家同友会全国協議会
  • 中小企業家同友会 共同求人サイト
  • 全国の会員企業がわかる 同友会会員検索

同友会のご案内

静岡県中小企業家同友会 概要

静岡県中小企業家同友会
〒420-0857
静岡市葵区御幸町8
静岡三菱ビル6F
TEL / 054-253-6130
FAX / 054-255-7620

静岡中小企業家同友会バナー

リンクバナーです。
自由にご利用下さい。

過去記事をご覧いただけます。

同友会会員ページ

原点に返り、やりがいを共有する ~中日本事務局研修交流会~

カテゴリー:新着情報|最終更新:2013年03月12日

3月8日、9日に中日本ブロック事務局員研修が三重県で行われました。

1日目は㈱宮﨑本店の工場見学を行いました。創業当時100坪から始まった工場は現在1万坪となり、登録有形文化財となっています。お米の粒から、お酒になるまでの過程を見学し、こだわりの商品づくりを学びました。

見学後は、社長の宮﨑由至氏(三重同友会会員/中同協副会長)より「時代認識を踏まえ、事務局に期待すること」をテーマに問題提起が行われました。

マスコミによる偏った経済の報道をすべて信じるのではなく、会員の経営状況を理解すること、また会員の業種や経営を知った上で出口連携(今あるサービス、商品を繋げ新しいものをつくること)を勧めることが事務局の役目であると伝えました。

2日目は秋山啓希氏(静岡同友会)と服部勇佑氏(愛知同友会)が「同友会と私」について報告。秋山氏は支部活動や委員会活動で得たやりがいや、会員の方に支えられてきた事例、また今後の展望を話しました。服部氏は働く中で、課題にぶつかっている悩みや、人を巻き込んで仕事を行っていくことの大切さを報告し、同友会理念を通して学んだことを広め、いい社会をつくっていきたいと述べました。

グループ討論では「事務局がめざすものとは」をテーマに行われ「会員企業の会社が良くなり、事務局がいて良かったと言われるようになりたい」「会員と会員をつなげられる会員訪問を行っていきたい」と発表がありました。

他県の事務局と問題意識を共有し、交流を持つことができた2日間となりました。

Copyright (c) 2014 静岡県中小企業家同友会 All Rights Reserved.