同友会会員ページ
  • 会員訪問記
  • 専門委員会・プロジェクト
  • 中小企業憲章
  • 激動の時代の羅針盤 経営指針
  • 行事案内
  • 私の逸品スペシャル
  • 静岡県中小企業同友会2020年ビジョン
  • 静岡県中小企業家同友会 入会案内
  • 30周年記念ムービー
  •  
関連リンク
  • 同友会活動支援システム
  • 中小企業家同友会全国協議会
  • 中小企業家同友会 共同求人サイト
  • 全国の会員企業がわかる 同友会会員検索

同友会のご案内

静岡県中小企業家同友会 概要

静岡県中小企業家同友会
〒420-0857
静岡市葵区御幸町8
静岡三菱ビル6F
TEL / 054-253-6130
FAX / 054-255-7620

静岡中小企業家同友会バナー

リンクバナーです。
自由にご利用下さい。

過去記事をご覧いただけます。

同友会会員ページ

【私の逸品】創業64年 フジモ印の「金山寺みそ」 (株)森下商店 森下 昌治氏 静岡支部

カテゴリー:新着情報, 私の逸品, 静岡支部|最終更新:2015年04月10日

【写真】(株)森下商店 代表取締役 森下 昌治氏

【逸品】金山寺みそと、もろみそや金山寺みそを使った調味料

会員企業名 (株)森下商店 設立 1957年7月
会員名 森下 昌治 業種 食品製造および卸売業
所属支部 静岡支部 社員数 13名
会暦 1994年5月入会 事業内容 金山寺みそをメインに梅干・らっきょう・ニンニク漬等の漬物

 

静岡市葵区にある株式会社森下商店は、創業64年の漬物等の製造・販売会社です。従業員数は13名。主に県内、中西部をメインに販売・卸売をされています。

会員の森下昌治氏は、3代目になります。森下商店の商品は、金山寺みそ、梅干し、ラッキョウ、甘酒等。他社製品も扱われていますが、「フジモ印」という自社ブランドでの販売が半分以上を占めます。

「フジモ印」の名前は、富士山の「フジ」と森下の「モ」をとって名付けられました。1951年の創業時は、清水の幸町で主に醤油や味噌の小売、卸売をしていましたが、徐々に漬物等の取り扱いも増えて行きました。その中で売れ筋商品であったのが、金山寺みそでした。当初は、金山寺みそを仕入れて販売していましたが、良く売れたため内製化に踏み切ったら、また良く売れたと言います。
そして、1965年には現在地である静岡市葵区瀬名川に移転。徐々に土地を買い足しながら、工場も大きくなっていきました。

フジモ印の金山寺みそは、少し甘めの味付けで、小麦や大豆の粒が残っているのが特徴です。小麦や大豆の粒を残すために、みその熟成具合には気を使われているようです。

今後は、主力商品の金山寺みそをメインに、金山寺みそをアレンジして商品も色々と開発していきたいと森下氏は言います。また営業面では、まだまだ金山寺みその知名度の低い若い世代や、他県の人々にアピールしていきたいと語っておられました。

取材・記事:藤本 浩氏(プリントバリュー㈱・静岡支部)

Copyright (c) 2014 静岡県中小企業家同友会 All Rights Reserved.