経営労働委員会

 2021年度も、昨年度の運営方法を参考に経営指針を創る会を開催する。会を運営しながら、更に良い方法を皆で考え、変化を恐れず新しいことにも勇気を持って果敢にチャレンジし、そして自社の経営に活かせるよう活発な意見交換の場としていきたい。併せて、今まで学んできたことを実際のビジネスに活かせるような仕組みづくりを始めていく。「良い会社づくり」に囚われることなく、自身や社員の成長、そして地域とのつながりを考えながら、同友会として何ができるか知恵を出し合い、行動し、それに関わったメンバー全員が「同友会に入ってよかった」と感じられるようなビジネスモデルの種蒔きをしていく。急激な変化にもしなやかに対応できるような経営者となるべく、柔軟な発想とチャレンジ精神を忘れないことを意識付けできるような委員会活動としていきたい。