政策委員会

 年2回行われる静岡県同友会景気動向調査の回答数、回答率は450社~500社、40%~45%ほどです。他の景気動向調査に比しても高い回答数と回答率を誇り、自由記述には中小企業経営の本質が表れる意義ある調査だと自負しております。しかし調査結果の活用となるとまだ不十分です。そこで今年度は中小企業振興基本条例などを通じ、他団体と調査結果を共有することに重点をおき活動していきます。各会員、各支部が行政や金融機関、教育機関と情報を共有し、対話を行うことで持続可能な社会・人々の幸せが見える地域づくりの実現を目指します。コロナ禍において地域行政や金融機関、教育機関からの同友会への期待が高まっています。コロナ不況を脱するためには、地域社会、地域経済に根ざす私たち中小企業の頑張り一つ一つ、同友会活動の一つ一つが重要ではないでしょうか。同友会活動の真価が問われるこの一年。今まで以上に学びの多い委員会活動となるよう努めます。

景況調査

景況調査の記事をみる