同友会会員ページ
  • 会員訪問記
  • 専門委員会・プロジェクト
  • 中小企業憲章
  • 激動の時代の羅針盤 経営指針
  • 行事案内
  • 私の逸品スペシャル
  • 静岡県中小企業同友会2020年ビジョン
  • 静岡県中小企業家同友会 入会案内
  •  
関連リンク
  • 同友会活動支援システム
  • 中小企業家同友会全国協議会
  • 中小企業家同友会 共同求人サイト
  • 全国の会員企業がわかる 同友会会員検索

同友会のご案内

静岡県中小企業家同友会 概要

静岡県中小企業家同友会
〒420-0857
静岡市葵区御幸町8
静岡三菱ビル6F
TEL / 054-253-6130
FAX / 054-255-7620

静岡中小企業家同友会バナー

リンクバナーです。
自由にご利用下さい。

同友会会員ページ

会社は変わる ㈲エージェントうさみ 代表取締役 宇佐美 健介氏(富士宮支部)

カテゴリー:会員訪問記, 同友しずおか, 富士宮支部, 支部別記事, 新着情報|最終更新:2020年03月06日


会社は変わる

㈲エージェントうさみ

代表取締役 宇佐美 健介氏(富士宮支部)

事業内容: 三井住友海上ハイグレード保険代理店

設立:2002年

入会:2005年3月

社員数:9名

所在地:富士宮市北町2-21

 富士宮警察署の目の前に事務所を構える㈲エージェントうさみの宇佐美健介氏を訪問しました


「石の上にも3年」がむしゃらに学んだ研修時代

 富士宮で起業したきっかけは、義父が保険代理店を経営していたことだと語る宇佐美氏。義父に結婚の挨拶に行った時「将来的にこの仕事を継ぐ気があるのか」と聞かれて「あります」と答えたそうです。保険業界に入り研修制度がスタートして6ヶ月が経過したところで成績が同期入社のうちワースト2位になり、毎月の給料では生活できず貯金を取り崩して生活していた宇佐美氏。辞めようかと悩んでいた時に友人から「石の上にも3年」と言われ、3年まではやってみようと思ったそうです。そして、優績者との出会いの中で「中小法人の飛び込み営業」について学び、学んだことをがむしゃらに実践しました。そこから少しずつコツをつかんでいき、やっと義父と同じくらいの売上の規模になったそうです。


富士宮で一番の保険代理店を目指す

 宇佐美氏は、自分の中で仕事のやり方や方向性について考え始めていくうちに、組織化して富士宮で一番の保険代理店になりたいと思うようになったそうです。しかし義父は、自分が引退して事業を受け渡すまで、安全にいきたいという思いが強く、そこから段々と意見が合わなくなり、非常に悩んでいた時期にちょうど威賴氏(㈱アサギリ・富士宮支部)の紹介で同友会に入会しました。同友会では先輩経営者から色々なことを教わることができ、結果義父を説得して法人化、組織化ができたそうです。


経営指針の実践で社員と共に成長していきたい

 経営指針書は1.経営理念、2.経営計画(数字の目標)、3.経営戦略(数字の達成への戦略)で成文化されています。経営理念は3つあります。
1 .我々は、相互扶助の精神を持って、人と人とが助け合い支え合う、安全で安心な地域づくりを目指します。
2 .我々は、時代と共に変わるリスクを正確に把握し、広範なコンサルティング活動によってお客様の健全な暮らしを守ります。
3 .我々は、人を支え、心を繋ぐ、優しい人集団であることを目指します。
 まずこの理念の実践から社員と共に成長していきたいとのことでした。また、経営計画、経営戦略を含めた経営指針書を作成して取引先とお客様向けに公表しているそうです。現在も同友会で学んだことを実践しながら堅実に増収増益を継続している宇佐美氏ですが、ここでは記載しきれない、多くの厳しい体験、ぶつかりあい、挑戦、同友会3つの目的の深い学びがあったのだと聞いて、勇気や元気をもらえた訪問でした。

取材・記事:望月 知洋氏(エムスタイル・富士宮支部)

Copyright (c) 2014 静岡県中小企業家同友会 All Rights Reserved.