<{$xoops_sitename}>
サイトナビゲーション
同友会会員ページ
関連リンク
同友会活動支援システム
中小企業家同友会全国協議会
中小企業家同友会 共同求人サイト
同友会会員検索
連絡先

静岡県

中小企業家同友会

〒420-0857

静岡市葵区御幸町8

静岡三菱ビル6F

tel/054-253-6130

fax/054-255-7620


静岡中小企業家同友会バナー

リンクバナーです。

自由にご利用下さい。

2010年6月 社員が働きやすい環境づくりに日々取り組む! 櫻井化学興業 取締役 櫻井公暢氏に聞く


【事業内容】
 明治40年創業。地域性を生かして、製紙・紙加工業界向けの化学薬品等の販売を核に業務を行っており、全体の売上の6割を占めています。他には金属加工に必要な薬品や、食品添加物を扱ったり、特殊なものとしては、排水や薬品処理のプラントの建設も行います。製造を行わない商社の為、社名も「工業」ではなく「興業」としています。

【入社のきっかけ】
 昭和48年生。文系の大学を卒業後、半導体の商社で働いていました。一人っ子だということや社長である父の高齢化もあり平成15年に転職・入社しました。化学関連は経験・知識が全くなく、ゼロからの勉強の日々でした。

【同友会との出会い】
 入社後間もなく、後継者というプレッシャーを感じて悩んでいた時期、取引先である板橋工機蠅硫蝋腓気鵑両匆陲琶神15年に入会しました。皆一所懸命に学んでいて衝撃を受けました。入ってすぐ例会で発表したのですが、会員の共感を得る一方、自分の会社や社員をそんな風に悪くいうものじゃない、原因は自分自身にあるのではないか、と、厳しくもあたたかく指導頂きました。おかげさまで、「後継者!」として自信がないがゆえに虚勢を張っていたのが抜けて謙虚になれたと思います。また、悩んでいるのは自分だけじゃない!ということがわかって気持ちに余裕が生まれました。

【社風・社員との関わりなど】
 今の会社の雰囲気はこれまでの歩みの中ではベストな状態だと思っています。平成21年に取締役になった際、今までは社長や先輩社員に聞いていた立場が、一転して物事を決裁しなければいけない立場になって、悩みも増えました。逆に肩書きがついて動きやすくもなりました。進んで社員と食事やお酒の席を作ったりして風通しをよくしたり、年配の社員、若い社員の間に入って情報や言葉の行き違いをなくすように努めてきました。この数年でIT化も進めて、グループウェアも補助的に使って情報の共有をはかっています。

【自社の強み】
 同業者との競争も多い中、お客様に、なぜうちを選んだのか?と聞くと、「人の良さ、フットワーク」と言っていただけます。これは本当に嬉しいですね。70歳を超えた社長も現役ですし、自分自身も役員になってからも、担当する客数はほとんど減っていません。また、フットワークを生かして新しいニーズをキャッチし、新しい商材、差別化できる商材の発掘に取り組んでいます。いかに、高付加価値商品の提案ができるか?文字通り足で情報を探します。インターネットも普及していますが、重要な情報はネットには中々ありません。お客様やパートナーとの直接の信頼関係がなければ、貴重な情報は得られないんです。

【これからの展望】
 やはり、一緒に働いてくれる社員が財産です。社員の成長と生活安定化をはかっていきたいと思い、働きやすい環境づくりに日々取り組んでいます。また、社員旅行なども企画していますが、たくさんのものを自身の目で見て体験し、人間力を豊かにして欲しいとも思っています。規模の拡大をめざすというよりは、少人数でも優秀な会社を目指したいですね。

創業:1907年(明治40年)  
事業内容:化学工業薬品卸
社員数:19名 
年商:26億円 
事業所:〒417-0821 富士市神谷954-1
URL:http://www.sakuraikagaku.com/
[b][size=medium]入会:2003年12月


取材:田邉元裕福氏 広報情報化委員 



プリンタ用画面
前
2010年5月 地域の中小企業の発展のために 藤井労務管理事務所所長 藤井正春氏(伊東支部)に聞く 
カテゴリートップ
TOP
次
2010年7月 環境に配慮、お客様の「困った」に応え、解決方法を提案する! セイルミツギ 川嶋三次氏に聞く